薄明光線團

アニメと漫画の感想ブログです

わたモテ 喪192「モテないし文化祭までの毎日(後編)」の感想

[1] はじめに
今回は前回に続き、文化祭までの日常を描いたお話でした。
といったところで、今回の感想を書いていきたいと思います。

[2] 印象に残ったこと
 (1) リアクションできる内さん
もこっち達の会話にするっと参加している内さんが良い感じだなと思いながら読んでいました。
さらに、さらっと黒木さんの隣に移動しているのが面白かったです、というか最初読んだとき気付かなかった……感想書くのに読み返していて気付いて、ちょっと驚いた。
そして、想像ではありますが、黒木さん、田村さん、内さんでお化け屋敷に行った場面が見れたのがなんか良かったなって思いつつ、田中さんがその中にいなかったのが若干ヤバいとも思いました。
それにしても、内さんと黒木さんが自然に会話していて、ようやくここまで来れたんだなと感慨深いものも感じました。

 (2) 自分が一番雛だった岡田さん
何気に和田さんって強キャラだなと思いましたね。
なんか、微妙に冗談がホントに聞こえる雰囲気もあるし。
しかし、「黒木さんっぽい冗談」って言っていましたが、黒木さんが下ネタを好むキャラだとクラスでそこまで浸透してるんだなと思うと、ちょっと驚きでした。
しかし、岡田さんのピュアさ良いですねぇ。
それに、陽菜に雛をかけてるのが妙に面白かった。

 (3) いつもと景色が違うだけだった美馬さん
ぼっちライフをスタートさせた美馬さんでしたが、意外に居心地良さそうですね。
というか、何気に美馬さんの心の声が面白い。
正直、美馬さんを主人公にして、その時々の出来事に心の中でツッコミを入れたり分析したりするだけの話でもかなり面白いのではないかという気にさえなりました。
なので、たまにはそういう回もこれからあったら良いなと期待したいと思います。
……いやまぁ、あの開眼からすっかり美馬さんのファンになってしまったからっていうのもありますけどね。

[3] おわりに
今回は結構読み応えのある話がたくさんあって良かったですね。
そして、文化祭が徐々に近づいていますが、果たしてどんな映画になるのか。
個人的には、大きなイベントがなくても、今回みたいな日常を描いた話をずっと続けてくれても構わないと思ったりもしていますが。
そして、なんとなく今回の感想で全キャラ苗字に統一して書いてみましたが、微妙に書きづらかったような気もするので、次回はキャラごとに名前の表記を変えようかなと思いつつ、今回はここまでにしたいと思います。
お読みいただき、ありがとうございます。

わたモテ 喪192「モテないし文化祭までの毎日(前編)」の感想

[1] はじめに
南さんメインの話が一段落し、文化祭に向けての話が本格的にスタート。
とりあえず、鋭意執筆中とのことですが、果たしてどんな感じになるのでしょうか。
といったところで、今回の感想を書いていきたいと思います。

[2] 印象に残ったこと
 (1) 久々の3人
もこっちとゆりちゃんのセットはわりとありましたが、吉田さんと3人なのはホント久しぶりな感じがしますね。
そして、そんなようなことをもこっちが言えば、「ここでダベるだけじゃダメなんか?」と返す吉田さんが男前でしたね。
一緒にどっか行くとか、一緒になんかするみたいに形にばかりついつい気が向いてしまいますが、そんなものに囚われない吉田さんの発想が良いなと改めて思いました。
カッコイイ吉田さんを見れたので、個人的に満足度の高い回だったなと思いました。
しかしながら、もこっちは酒タバコを引っ張り過ぎかなとは正直思いました。

 (2) 加藤さんっぽく
根元さんの加藤さんモノマネが炸裂しましたが、「何を私っぽく言ったの?」と問いながら加藤さんが現れたときの根元さんの真っ白な顔が最高でしたね。
あとなんか、もこっちが根元さんを面白いと評価したのがかなり珍しいような気がしました。
しかも地味にピクっとして笑いをこらえているゆりちゃんも良いですね。

 (3) さすもこ
今回は雫ちゃんとお昼。
今江先輩のことを思い出し、独りの雫ちゃんを気遣うもこっちが良い感じでしたね。
そして、雫ちゃんのクラスの出し物決めのHRにて、もこっちの考えたメイド喫茶がまさかの採用。
雫ちゃんの中で、順調にもこっちの株が上がり続けているのを再確認できましたね。

[3] おわりに
今回はオムニバス展開でしたが、面白く読みやすかったかなという印象でした。
そんな感じで、文化祭に向けて少しずつ進んでいますが、結局映画がどんな感じになるのかと思いつつ、今回はここまでにします。
お読みいただき、ありがとうございます。

わたモテ 喪191「モテないし繰り返す」の感想

[1] はじめに
今回も南さんメイン回。
サチと南さんの関係はどう決着がつくのか。
といったところで、今回の感想を書いていきたいと思います。

[2] 印象に残ったこと
 (1) うっちーと南さん
サチに会いに3-4に訪れる南さん。
しかし、サチ不在。
また、前回はノリ、今回はマキと目が合うも無視されてしまう南さん。
南さんの見た目が可愛らし過ぎるからというのもあると思いますが、見てて切ない。
そんなとき、南さんに声をかけるうっちー。
うっちー本人も言っていますが、もこっちが絡まなければ凄い良い奴ですね。
周りがよく見えてて気が回るんだなというのが感じられました。
この辺が仲間たちから慕われるところなんだなと感じました。
そして、素直な南さんがたまらんですね。
今後の2人の関係にも興味が出てきました。

 (2) サチと南さん
二木さんに聞いた場所にてようやくサチと会えた南さん。
強がっていたサチですが、心の奥底ではやっぱ南さんを待ってたのかなという印象でした。
あと、三年生の男子とありますが、これ二年生の間違いで智貴のことっぽい気もしますね。
それから、南さんとサチの憎まれ口の叩き合い最高でしたね。
「カースト的に上でしょ?」と言うときの南さんの顔がイキイキしだしてるのが凄く良かったです。
あと、「私の方が顔かわいいから」という南さんに対して、「……」と否定しないサチの反応も見応えばっちりでした。
このコマが今回のサチの中で一番魅力的でした。
しかし南さん、ほぼ平均体重でしたか。
まぁ、なんというか太いと思ったことはないですが、なんかぷにっとして可愛いという感じはありますからね。
あと、南さんと友達関係を続けるにおいて、二木さんやオタクとはつるまないと条件を出すサチが、なんというか、こう、カッコ良かったです。

 (3) もこっちたちと南さん
二木さんを探すもこっちたちに居場所を教える南さん。
今までの南さんからは想像できない行動、その変化に嬉しそうなまこっちと驚くゆりちゃんの反応が良かったですね。
それと、最後の南さんの後姿が凄く良い感じだったなと感じました。
なんかこの先、映画の撮影でも南さんとの関りも増えていきそうだなと思いました。
ただ、サチ含めて南さんが、もこっちファミリー入りはして欲しくないなというのは個人的にありますね。
あくまでも南さんは独自のポジションでいて欲しいなと思います。

[3] おわりに
サチとの関係修復もし、南さんメインの回は一区切りか、もしくはまだノリとマキとの関りが描かれるのか。
そろそろ映画編も本格的に始まりそうですが、もこっちの態度的になんかあんまりワクワクしてこないなというのはありますが、果たしてどうなるのか。
そんな感じで、今回の感想はここまでにします。
お読みいただきありがとうございます。

わたモテ 喪190「モテないし仲良し?」の感想

[1] はじめに
今回も南さんメイン回!
色々な南さんの表情に大注目!!
といったところで、感想を書いていきたいと思います。

[2] 印象に残ったこと
 (1) 背中で演技
ゆりちゃんの演技が、何を表現したかったのか、分かりませんでした。
たぶん、健さんを意図していたわけではないと思うし、いや、何か元ネタがあるのか。
というか、「ダメだ……」となったところのコマのゆりちゃんがなんかコワかったです。

 (2) サチの居所
筋トレ帰りにサチと遭遇する二木さん。
サチの表情のありなしで等号を結ぶコマがなんか不思議で面白かったです。
しかしながら、あのサチがこんなところに一人でいるとは、なんだか切なくなりますね。

 (3) 仲直り
帰りのバスにて南さんと二木さん。
二木さんの「いてもいなくてもいいけどいたほうがいいかも」という台詞に「どっちだよ?」と返す南さんの表情も最高でしたし、なんか相棒感が出てて良いなと思いました。
そして、ここ数回による南さんの成長譚が凄く冴えていてとても見応えがありましたね。
しかも、南さんがアッサリいい子ちゃんに転身せずに、南さんのやり方でサチとの関係を続けていこうとしていたのが凄く良かったです。
また、南さんの「あんたの言う通り仲良くないしね」という台詞に南さんらしさが溢れていたようにも感じました。
にしても、南さんの口からパーティーという単語が出るとはちょっと意外でした、いや、こっちが勝手にRPG用語だと思い込み過ぎなのかもしれませんが。

[3] おわりに
正直、南さんメイン回は前回で一区切りがつき、今回は映画編に移りながら、南さんグループのその後はときどき小出しで来るのかなと思っていたので、少し驚きました。
この後、南さんとサチがどのような関係を再構築するのか目が離せませんね!!
それに、南さんメイン回がもう少し続きそうなのも個人的に嬉しいところですね。
といったところで、今回の感想はここまでにします。
お読みいただき、ありがとうございます。

わたモテ 喪189「モテないしどこかで終わる」の感想

[1] はじめに
今回も南さんメインで、さらにサチ無双の回。
サチの大暴れに大注目!!
ってことで、今回の感想を書いていきたいと思います。

[2] 印象に残ったこと
 (1) ノリとマキ
   ① ノリ
微妙に男子の許容範囲広めなのかなと思いました。
前回の特別編でもマッチョ(細マッチョを念頭に置いていた可能性もあるが)に肯定的だったり、今回も太め男子に「いい奴そうだけど」とフォローも入れたりしてたのでそう感じました。
まぁ、それで勘違いしてアタックをしてもアッサリ玉砕するとは思いますが。
なので、恋愛対象としてはNGだけど、人間としては否定しないみたいなスタンスなのかなと。

   ② マキ
彼氏をアゴと言われて怒っていたのもあると思いますが、口調的に元ヤンギャルなのかなと思いました。
なので、普段は気を付けて普通の女子高生らしい話し方をしていても、感情の昂ぶりで地が出て、言葉遣いが荒くなるみたいな。
サチのインパクトが強過ぎて素通りしそうになりましたが今回、マキにも光る個性があるなと感じさせられました。
そのため、この口調のマキも、この先また見れたらなと期待しています。

 (2) サチ
この前のサチ開眼から圧倒的な存在感を放っているサチですが、今回も魅せてくれましたね。
開始早々の謝罪演技。
南さんには演技だとバラしてるコマの蜘蛛の巣が凄くそれらしいと感じさせる素晴らしいコマでした。
それに対する南さんのまさに「!?」って顔が愛しさに溢れていて最高でした。
そして、サチの南さん好き過ぎ問題に関してイジられましたが、それをクールに受け流すサチの姿に痺れましたね。
ムキになって否定するとダサいと思われそうだから大人の対応を見せました感が凄く良かった。
この一瞬にサチの魅力が凝縮されている、そんなふうに感じました。
それから、ドリンクをストローでガシガシやりながら「あんなのと仲良くするとか自分のこと下げすぎじゃない?」と言っていたところで、サチが認めているのは南さんだけなんだなという印象を強く受けました。
そうして「じゃあもういいや」からの流れるようなサチのクラッシャー劇。
なんか嵐が通り過ぎていったような、そんな感じを受けました。
ただ、南さんのアゴ発言のコマ、サチがドリンクでクールダウンしていたように見えるので、本来こんなふうに暴れるつもりはなく、適当に流して文化祭をメドに緩やかにフェードアウトするつもりなのは本当だったんだろうなとは感じました。
それを南さんの一撃が全てを破裂させてしまった……
サチの「最後に小陽ちゃんと盛り上がれたしね」の言葉通り、サチの中ではこの瞬間が最高に盛り上がれた瞬間だったんだろうなとは読んでて思いました。
でもなんか、清々しさと同時に切なさも感じさせられる。

 (3) 南さん
今回の南さんは立場的にかなり翻弄されていましたが、場面場面でとても映えていたなという印象でした。
いやまぁ、基本的にルックス強者だからどんな場面でも画になるっていうのもあるとは思いますが。
そして、二木さんとの関わりからの心境の変化というか、最後の自分たちの関係を俯瞰して見ていたところなんかは、南さんの成長を強く感じさせるシーンでしたね。
ここで、成瀬さんとの接点ができましたが、正直南さんにはもこっちファミリー入りはして欲しくないなとは思いますね。
なんか南さんの魅力がなくなってしまいそうな気がするので。
……というかなんというか、ここ最近の南さんメイン回が凄く読み応えがあったので、南さんへの主役交代論に割と本気で賛成したいというのが偽らざる本音です。

[3] おわりに
今回で南さんグループが崩壊してしまいましたが、このままバラバラになってしまうのか。
でもなんか、なんだかんだ言ってやっぱりこの4人に戻るような気もしなくもないなとは思いましたが、果たしてどうなるのか。
といったところで、今回の感想はここまでにします。
お読みいただき、ありがとうございます。

わたモテ 特別編の感想

今回は特別編。

もこっちとゆりちゃんの普段の会話。

男が目指すマッチョは女で言ったら何になるかということでしたが……

いやもう、ゆりちゃんのダイエットという答えで合ってるんじゃないかなと思いました。

男:女

細マッチョ:モデル体型

ムキムキマッチョ:ガリガリ体型

こんな感じで、男女ともに程よくなら良いけど、度を越したら引かれるみたいな感じで、ちゃんと対になってると感じました。

いやまぁ、それはともかくとして、サチはこんなふうにして話題を拾ってくるのかと、なんだろう、ちょっと微妙な気持ちになりました。

じゃあどっから持ってくれば良いんだと聞かれると、コレだと明確には答えられないのですが、なんか思ってたより普通だなと思ってしまったのが正直なところでした。

とまぁ、短いですが、今回の感想はこんな感じ。

お読みいただき、ありがとうございます。

わたモテ 喪188「モテないしあいつのこと」の感想

[1] はじめに
今回も南さんメイン回。
そしてなんとなんと、あのサチが!?
というわけで、今回の感想を書いていきたいと思います。

[2] 印象に残ったこと
 (1) ですら
この前の席替えでそれぞれのニーズを満たした配置に悩むまこっちを見かねて遠慮するゆりちゃん。
そんなゆりちゃんに後光がさしているかのように感じながら見つめるまこっち。
そして、南さんに対し「あのゆりですら我慢したんだよ!」と説教するまこっち。
ですらって……今回も含め、まこっちのゆりちゃんに対する評価というかイメージが「滅多に同意しない」とか「あんな顔見たことない」とかなかなかにヒドいものがあるなと改めて思いました。
なんというか、まこっちとゆりちゃんが仲良くなった経緯がどんな感じなのか気になります。
もしかしたら、ゆりちゃんと南さんの確執について焦点をあてた回がこの先あるかもしれないので、その時に含めて描かれるかもと期待したいと思います。

 (2) ふっ…!
昼食で南さんがクラスに来る前に外に行くことで困らせようと画策するサチとノリ。
なんてことするんだ!!
ただ、その様子をちょっと見てみたいと感じてしまう自分がいるのも否定できない……
それはともかく、裏でそんなことになっているとは知らない南さんでしたが、二木さんとお昼でしたー!!
この一連の流れを見ていた凪とかよのいじわるできなくて残念でしたね、という笑いがたまりませんでした。
それと、外から見ると、やはり南さんグループって感じなんですね。
うん、南さんってエース感あるもんね。
ソフトボールでもピッチャーやってたし。

 (3) 好きすぎない?
二木さんとゲーセンに行く南さん。
ここでオタクグループと遭遇。
彼らが二木さんのゲーセン仲間ということで、言いかけた悪口をとっさに止める南さん。
ここ、なんか良いなって感じましたね。
そして、二木さんの「ゲームの世界で悪口や煽りはよくあること」とのコメントを受けて、オタク君達に対し絶好調……いや舌好調かな、になる南さん。
なんかすっごい輝いて見えましたね。
ここで、サチ・ノリ・マキ登場……

その時、サチ開眼。

えっ!?
って感じでしたね。
今までも、これからもずっと顔を描かれないキャラなのかと思われていただけに、この時のインパクトは凄まじいものがありました。
しかもめちゃめちゃ美人。
もし仮に、この回直後に人気投票が行われたら、ぶっちぎりで首位を獲ってしまうのではないかと思わされました。
それぐらいの衝撃がありましたね。
いやまぁ、個人的にこういう顔が好みだからそんなふうに思ったという部分もありますがね。
それはそれとして、サチの南さんに対する執着の具合が凄い。
そしてその圧を受けてたじろぐ南さんがとても印象的でしたね。

[3] おわりに
今回は、あのサチに初めて顔が描かれるという驚きの展開でしたが、まさしく見ごたえたっぷりの回でしたね。
ここ最近の南さんメイン回、ホント素晴らしいと思います。
もっともっと見たい、そんなふうに感じながら、今回の感想を終わりたいと思います。
お読みいただき、ありがとうございます。