薄明光線團

アニメと漫画の感想ブログです

わたモテ 喪175「モテないし合宿が終わる 前編」の感想

[1] はじめに
合宿が終わる 前編ということで合宿編もあと少し、どのようなラストを迎えるのか!?
といったところで、今回の感想を書いていきたいと思います。

[2] 印象に残ったこと
 (1) 温泉にて
もこっちの行動時の「すー」という効果音が独特で面白いなと改めて思いつつ、美保さんに「銀」がバレましたね。
この、美保さんのグイグイ来る感じがなんか良いなって思います。
そこで、もし1年の頃もこっちと同じクラスだったら、もこっちの奇行をイジって構ってくれたのではと、ふと思いました。
とはいえ、加藤さんの友達だから関心を持ったというのもあると思うので、やっぱ難しかったかな。
そして、もこっちが銀なことを昨日の朝の時点で知っていた風夏さんの勝ち誇った顔がたまらなかったです。
あと、「ヤバそうだから探らなくて良し」とされたこみさんが面白かったのですが、この判断は加藤さんと美保さんが関わってないからということでしたが、風夏さん的には夏帆さんは加藤さんの友達という感覚なのかなと、なんとなく思いました。

 (2) うっちーは意外とデータ系?
去年の受験状況から今年の可能性を見出していたうっちーがカッコ良かったです。
体育祭のときのライバル的物言いとか、所々カッコ良くなるうっちーが素晴らしいです。
それにしても、今のようにもこっちに直接絡んでいくようになったのは、それはそれで良かったなとは思いますが、以前のように遠くからキモイキモイ言っていた頃が懐かしいなとも思ってみたり。

 (3) お母さんみたいな加藤さん
今回、8時半が過ぎてもじもじと怖気づきながら加藤さんの所に向かい、自由時間のお許しが出て「ぱぁ」と輝いていたもこっちを見て、なんというかマジでヤベェと思ってしまいました。
いや確かに、お母さんみたいだと思わずにはいられませんでしたね。
もこっちと加藤さんが仲良くなり始めのときは、良いじゃんとか思いながら読んでいましたが、気が付けばなんか、思てたんと違うーみたいな感じになってしまったなと思ってしまいました。
いや、加藤さんの聖母感とか岡田さん曰くもこっちを買い被って天然なことになってたのを持て囃していただけに何言ってんだって感じではありますが……
でもまぁ、今回ラストでもこっちと加藤さんの関係に新たな変化がありそうな感じで終わったので、次回をお楽しみにという感じですね。
それとこの場面、風夏さんが寝たフリをしながら片目でもこっちを監視しているところが芸が細かくて笑いました。

[3] おわりに
合宿編も残すところあとわずか。
この合宿でうっちー組と仲良くなった(特にゆりちゃん)こととか、何気に夏帆さんがこみさんをヤベェ奴扱いせず接していることとか、とても楽しく読めましたね。
あとは、合宿編の最後がどうなるのかを楽しみにしつつ今回の感想はここまでにします。
お読みいただき、ありがとうございます。

わたモテ 特別編の感想

この前のお風呂の一件について、加藤さんから尋ねられ答えに困るゆりちゃん。
ここで、うっちーがナイスフォローに入るのか!? と思ったところ、最後で台無し。
黒木のキモ霊が召喚って、えぇ……って感じ。
案の定、加藤さんに「何を言っているの?」と言われる始末。
正直、うっちーが語りだしたときワクワクしかけたのですが、そこに着地するのかと若干の肩透かし感がありました。
まぁでも、結構正解気味だなとは思いつつ、この部分の意図がうまく伝わっていればめちゃめちゃ盛り上がる会話になっていたかもなと思わなくもなかったです。

場面変わってこみさんたちの部屋。
伊藤さんが思い浮かべていた「琴との会話」ですが、こっちはこっちで楽しそうで良いと思いますが、まぁ確かに気になる部分でもあるだろうなとも感じてみたり。
そして、アイプチに興味を示した伊藤さんが夏帆さんにやってもらうことに。
この時、夏帆さんが加藤さんにやってもらったときのことを思い出していた場面、凄くキレイで良いコマだなと思いました。
そうして最後こみさん登場。
二重になった伊藤さんに対して、こみさんの例え……
女性で誰か思い浮かべられなかったのかと思わなくもないですが、まぁこみさんらしいといえばらしいという感じでしょうか。
それにしても、夏帆さんの様子を見るに、こみさんよりも伊藤さんの方が変わってる娘に感じているみたいに見えますね。
こちらの関りも興味深いので、今後も楽しみに見ていきたいと思います。

といったところで、今回はここまでにします。
お読みいただき、ありがとうございます。

わたモテ 喪174「モテないし合宿の日々」の感想

[1] はじめに
合宿編の続き、今回はどんな展開がなされるのか、といったところで感想を書いていきたいと思います。

[2] 印象に残ったこと
 (1) バイキングはセンスがとわれるらしい
バイキングでどのように盛るかでキャラ毎に個性を出していたのがなるほどって感じでした。
特にゆりちゃんの食事に対するもこっちの感想が面白かったです。
なんとなくここで、自分もバイキングに行ったらもこっちに心の中でど素人だと思われそうだなと思ったりもしながら読んでました。

 (2) 銀
なんか風夏さんに関して、もこっちと接する前までは凛々しい感じの美少女って感じだったのに、なんでこうなったという感じしかしないです。
それと、銀のネタがちょっとくどいかなとも思ってしまいました。
まぁ、集中できてない風夏さんに気づいて、隣でちょっかいをかけている美保さんが個人的に輝いて見えたので、そこは良かったですけど。

 (3) クラス分け
ようやくもこっちと同じクラスになれたゆりちゃん、良かったねと感じつつ、うっちーも良かったねと言いたい。
そして、勉強というより合宿をエンジョイしてたっぽく見えた美保さんはクラスが上がったのに対し、上がれなかった風夏さんは……しょうがないね。
そうして最後、残念ながらもこっちとクラスが分かれてしまったゆうちゃんですが、まだまだこれから、ガンバレって応援したい気持ちになりながら読んでました。

[3] おわりに
今回で合宿も半ばを過ぎたあたり、そろそろ合宿編も終わりに向けてどのように締めくくられるのか楽しみにしたいと思います。
といったところで、今回の感想はここまでにします。
お読みいただき、ありがとうございます。

キン肉マン 第313話「真実への十四階段!!の巻」の感想

[1] はじめに
遂に、ザ・マンと対面したキン肉マンたち。
果たしてどんな話が聞けるのか、といったところで今回の感想を書いていきたいと思います。

[2] 印象に残ったこと
 (1) 人間の作り出したこの音楽という文化
この部分を読んだとき、カヲル君のことが頭に思い浮かんでしまいました。
それはともかくとして、意味深に描かれていたレコードとかも、ザ・マンの理想の象徴だったということで、なるほどと感じました。

 (2) あえて
ザ・マンの入っている檻を初めて見たときは、確かに隙間がありすぎて簡単に出れそうだけど、何か意味があるのかなと思っていましたが、ザ・マンなりの意思表示だったというのは納得度が高かったです。
ジャスティスマンの言う通り「らしいな」というのは大半の読者が頷いたことと思います。

 (3) 調和の神
今回でようやく、真実が語られましたが、調和の神ですか。
サタンが劣勢に立たされたあたりから、邪神とかみたいな神関連の黒幕がいそうだとは感じましたが、調和の神とは。
雰囲気的に、めっちゃ頭堅そうとか思ってしまいました。
そして、知性の神の言う古い友人っていうのも、最初はサタンのことかと思いましたが、どうやらこの調和の神のことっぽいですね。
また、このシリーズ開始時のストロング・ザ・武道の竹刀を破壊していたのも、最初はアリステラかなと思っていましたが、これも調和の神だったのかなという印象でしたね。
ってそう考えたら、もう既に地球に降りて来てるってことですね、もう待ったなしって感じですね。
しかも神時代のザ・マンに匹敵する強さってヤバ過ぎ。
おそらく、その当時から弱体化したなんてこともないでしょうし、むしろ普通に考えたら強くなってると思われますし。
正直、勝てるのか!? と思わずにはいられませんが、キン肉マンたちがどう乗り越えていくのか楽しみでもありますね。

[3] おわりに
といったところで、これからの展開にワクワクしながら、今回の感想を終わりたいと思います。
お読みいただき、ありがとうございます。

わたモテ 喪173「モテないし他の奴は」の感想

[1] はじめに
今回は、もこっちと一緒ではなかったメンバーがどうしていたかのお話でした。
といったところで、今回の感想を書いていきたいと思います。

[2] 印象に残ったこと
 (1) 扉絵
何気に、このメンバーの親密度が上がってて良い感じだなと思いました。
そして、二木さんの後ろ姿がなんとなくカッコ良いと感じました。
正直、このメンバーの描写がもっと多くても個人的には良かったなと思いました。

 (2) ととのう
サウナと水風呂を繰り返して休憩するとトランス状態になって「ととのう」らしいと今回こみさんが言っていましたが、自分は初耳だったので思わずググったらホントにあったみたいで驚きました。
まぁ、自分には水風呂は冷たすぎて入れないので、一生試すことはないと思いますけどね(苦笑)。
それはともかく、夏帆さんはなかなかの強者みたいですね(そういえば、もこっちの謹慎が決まって加藤さんがピリピリしていたときも余裕そうな感じでしたし)、というか伊藤さんの「百人引きの琴」という表現がヒド過ぎて笑いました。
そしてなんだかんだ言って結局、暗証番号を「5103(ことみ)」としていた伊藤さんが夏帆さんに引かれるという展開が面白かったです。

 (3) 吉田さんとまこっち
「よしまこ」という組み合わせを時々目にしていましたが、それに応えた展開なんでしょうか。
個人的には吉田さんに対して妙に彼女面するゆりちゃんや、もこっちと吉田さんの組み合わせの方が好みではるのだけどと思いつつも、吉田さんが登場しただけ良かったなとも思いました。
それにしても、吉田さんの進路って最終的にどうなるのでしょうか、気になりますね。

[3] おわりに
というわけで今回は、もこっちとは別行動のメンバーにスポットの当たった回でした。
といったところで、今回の感想を終わりたいと思います。
お読みいただき、ありがとうございます。

キン肉マン 第312話「開かれし“天への歩道”!!の巻」の感想

[1] はじめに
聖なる完璧の山に着いたキン肉マンたち、さてこれからどんな展開が待っているのかというところで今回の感想を書いていきたいと思います。

[2] 印象に残ったこと
 (1) 完璧超人始祖の亡骸
ミラージュマンやアビスマンの死体がそのまま放置されているのを見て、最初なんでほったらかしなの!? とか思ってしまいましたが、その直後にジャスティスマンがその理由を問い質してくれてモヤモヤが晴れました。
墓守鬼が触れることすらはばかられる尊き存在だったからというのはまさになるほどという感じでした。
ただ、ジャスティスマンの許しが出て埋葬できることになったのは良かったと思いますが、それならザ・マンが黙ったままだったのが不思議だなとも思いました。
まぁ、それについては次回ザ・マンが何か言うのかもしれませんので、それを待つことにします。
それにしても、ミラージュマンの亡骸に手を当てうなずく仕草やアビスマンの亡骸をやさしく運ぶジャスティスマンに始祖の絆を感じられてとても良かったです。

 (2) あまり気負うなとのパイレートマンの言葉
オメガが地球を追われたことの真相を張本人であるザ・マンから直接聞けるとあって、アリステラとしては気の張る展開であろうというのが感じられますが、このパイレートマンの言葉はとても心強いですね。
アリステラの責任感の強さやそれを支えるパイレートマンの気持ちが強く出ていて良かったです。

 (3) 遂にザ・マンのもとへ
今回は、ザ・マンのもとへ辿り着いただけなので話には大きな展開はありませんでしたが、前からやたらと意味深にレコードの描写がされているのですが、これが何か意味があるのか気になりますね。
それら様々な真相が次回でザ・マンから語られることになると思うと楽しみですね。
フェニックスの言っていたザ・マンは味方というのもどういう意味なのか、どうやったらオメガが地球を追われたことに繋がるのか興味深いです。

[3] おわりに
といったところで、今回は始祖やオメガの絆が再認識できた回だったなという印象でした。
そしてようやく次回、このシリーズが始まってからの謎が明らかになるかと思うととても期待が高まりますね。
そんな楽しみ感を持ったまま今回はここまでにします。
お読みいただきありがとうございます。

キン肉マン 第311話「聖なる完璧の山への案内人!!の巻」の感想

[1] はじめに
さぁこれからザ・マンに会いに行くよ!! といったところからスタート。
果たしてどんな展開が待っているのか期待しながら今回の感想を書いていきたいと思います。

[2] 印象に残ったこと
 (1) キン肉マンに心配してもらって嬉しそうなジャスティスマン
ザ・マンの元から去った身であるジャスティスマンが今更会いに行っても大丈夫かと心配するキン肉マンでしたが、この時のジャスティスマンの表情がとっても良かったですね。
今回でベストなコマだったのではないかと思います。
その後の「あのような行動を取ったがザ・マンと私の関係はそんなやわなものではない」と言うジャスティスマンのセリフも素晴らしかったです。
この師匠と弟子の通じ合ってる感がたまらなかったです。

 (2) まさか生きていたのかマリキータマン
サタンの制裁の杭からアリステラを護って死亡したかに思われていたマリキータマンでしたが、今回で生存を確認。
不死身なのかなともちょっと思いましたが、生きてて良かったなと思いました。
やっぱり、アリステラ大好きっ子のマリキータマンはなんか憎めませんでしたからね、安心しました。ただ、そのぶんサタンの残念感が増してしまいましたが……まぁ、マリキータマンが助かって良かったということで!!

 (3) 悪魔将軍と同じように岩に足を置くポーズをやっていたジャスティスマン
正直、あのコマを見た瞬間、ちょっと笑ってしまいました。
あの岩に足を置くポーズって完璧超人はやらなきゃいけないルールとかあるんでしょうかね?
いや、単体で見たらカッコ良くて良いんですけど、みんなやってるとシュールな笑いが発生してしまいます。

[3] おわりに
というわけで、今回の感想でした。
正直なことを言えば、今回でザ・マンに会うぐらいまでは行くかと思っていましたが、まだみたいでした。
まぁ、そのぶん楽しみが増えたということで、次回を楽しみにしつつ今回はここまでとします。
お読みいただき、ありがとうございます。