薄明光線團

アニメと漫画の感想ブログです

わたモテ 特別編の感想

今回は特別編ということですが……めちゃめちゃ短かったですね。
とはいえ、南さんたちのグループの日常が見れて貴重な回ではあったと思いました。
そして、相変わらずの口の悪さですが、やっぱり顔はピカイチの可愛さでしたね。
また、今回で南さんの性格改善には環境も悪いと認識したまこっちですが、この様子だとまだまだ先は長そうですね。
といったところで、今回はこんな感じですね。
お読みいただき、ありがとうございます。

キン肉マン 第305話「降臨!大魔王サタン!!の巻」の感想

[1] はじめに
前回、マリキータマンがサタンの制裁からアリステラを守ったところで終了。
そこから今回はどうなるかといったところからスタート。
というわけで、今回の感想を書いていきたいと思います。

[2] 印象に残ったこと
 (1) アリステラの親友マリキータマン
サタンのスパイ説が常に囁き続けられてきたマリキータマンでしたが、本物の友情に厚い男でした。
自分としては、アリステラの親友であり武人としての彼を信じたいと思いつつ、スパイだったら嫌だなと心配し続けていたので、それが杞憂に終わったのは良かったです。
ただ、この結果は切なすぎますね。
また、このことからアリステラがまた呪いの道に戻ってしまうのではないかと心配もしていましたが、今回読んだ感じそういう方向には進まなそうなので、そこは少し安心しました。
そしてまた今回、アリステラの口から親友という言葉が飛び出したのは凄く良かったです。
確かに2人のタッグを見た感じ特別な友情で結ばれてる感が凄く出ていたので、やっぱそうだったんだなと改めて思いましたし、マリキータマンの献身も報われるものがあるなと感じました。

 (2) サタン、依り代を必要とせず
そして今回、まさかのサタン実体化。
正直これは想像できませんでした。
とりあえず、第一印象はスカーフェイスに似ているなと思いました。
それから、ボスキャラとして正統派だなと感じました。
さらに、当然のこととして物凄く強い。
そもそもアリステラが満身創痍だったということもあったとしても圧倒的な強さ。
こんなにも強いサタンをどうやって倒すのかと思うと、目が離せませんね。

 (3) アリステラとアタル兄さん
圧倒的な強さを誇るサタンにアリステラとアタル兄さんが痛めつけられ、ラストではアリステラをかばってアタル兄さんが大ダメージを受けてしまいました。
この2人は今後の展開でどうなっていくのか気になります。
アリステラはこのシリーズの主役的立ち位置だと思うので、ここで倒れることはないと思いますが、アタル兄さんはこのままアリステラを守って重傷を負い、戦線を離脱するような気がしなくもないなと思いました。
それとも、アリステラとアタル兄さんでコンビを組むという展開も面白いかなとも思いますが、どうなるんだろう。

[3] おわりに
というわけで、サタンの実体化に驚かされた回でした。
個人的にはサタンの用意した本隊が攻めてくるものとばかり思っていましたからね。
とりあえず個人的な想像では、マリキータマンの命を奪ったサタンを慈悲の心で許すことでクソ力の3段階目に至ったアリステラがサタンを浄化し、オメガ星を救ってシリーズ終了という感じになるのかなとイメージしていますが、果たしてどのような展開が待っているか楽しみです。
といったところで、今回はここまでにします。
お読みいただき、ありがとうございます。

キン肉マン 第304話「真・オメガの救世主!!の巻」の感想

[1] はじめに
前回で試合が終わり、さてこれからどうなるってところから今回はスタート。
というわけで、今回の感想を書いていきたいと思います。

[2] 印象に残ったこと
 (1) パイレートマンの激励
今回の敗北によって道を失ってしまうアリステラ、そこにパイレートマンの熱い言葉。
キン肉マン戦のときから見られましたが、ホントにパイレートマンは熱いし人格者ですね。
そして、今まではひとりで背負い込んでいたアリステラが、これからは仲間を頼れるようになって行くのだなと思うと、大きすぎる犠牲でしたが、そこは良かったなと思いました。
それにしてもパイレートマンの「お前の価値をお前が勝手に決め込むなーっ!」という台詞、自信を失いかけているときに言われたらとても励みになるなと思いましたね。
加えて「ちょうど我輩は船乗りだ海図を読むのは慣れている」と照れながら言うところにも親しみを感じました。

 (2) 遂にサタン登場
アリステラに新たな道が見え、わかりあえたことにうれし涙を流すブロッケンに温かい言葉をかけるアタル兄さん。
こうしてオメガ編が綺麗にまとまるかと思いきや、ここでサタンが登場。
サタンの目的は一億パワーに到達したアリステラを依り代とし、ザ・マンに取って代わることだったみたいですね。
とりあえず、サタンの目的が判明したので、そこはすっきりしたという感じでしょうか。
しかしながら、そんな目論見も失敗に終わり、制裁の一撃をアリステラに放つサタン。
この場面、7人の悪魔超人編が懐かしく感じてしまいますね。

 (3) マリキータマン……
危うしアリステラといったところで、アタル兄さんが助けるのかと思いきや、マリキータマンが身を挺してアリステラを守るとは。
マリキータマンがサタンのスパイ説が結構あって、心配をしていましたがそうではなかったのが良かったと言えば良かったのですが、まさかこんな形でそれが証明されるとはと切な過ぎます。
そして、マリキータマンってアリステラの親友っぽい感じだったことから、アリステラに与える影響が気になりますね。
新たにサタンに対する恨みの念が爆発しそうですが……むしろサタンとしてはそれが狙いなのかな。
慈悲に目覚めかけたアリステラを引き戻すためみたいな。
そうして、アリステラがその恨みを乗り越えてサタンに慈悲の心を持てるかどうかがこれからの物語になっていくのかなとかふと思いました。
そうなると完全にアリステラが主人公になってしまいますね。

[3] おわりに
今回はオメガの絆の強さが存分に発揮された回でしたね。
パイレートマンの熱さも素晴らしかったですし、マリキータマンの献身にも心打たれました。
それらのことからアリステラが今後どのような動きを見せていくのか気になりますし、サタンも物語にどのような関わりを持って行くのか注目したいです。
といったところで、今回はここまでとします。
お読みいただき、ありがとうございます。

わたモテ 喪169「モテないし弟の性癖」の感想

[1] はじめに
前回に続き、今回も智貴の部屋でのお話。
ここにもこっち、こみさん、そして吉田さんが加わりどうなるのか、といったところで今回の感想を書いていきます。

[2] 印象に残ったこと

 (1) 遂に、姉弟だと知った吉田さん
智貴がもこっちの弟であると吉田さんが知るのをここまで引っ張っていましたが、エピソード的に意外とあっさり片付いちゃいましたね。
もっと劇的な展開が待っているかと思っていたので、ちょっと拍子抜け感がありました。
それはともかく、前回のラブコメ的王道展開によって恥ずかしさでもじもじしている吉田さんは可愛かったですね。

 (2) 紗弥加さんのヤバさが留まることを知らない
前回もなかなかでしたが、今回はさらに暴走が加速していく紗弥加さんでした。
智貴の部屋の漁り方もめちゃくちゃ雑でしたし、全ての行動がヤバかったです。
そして、ここでこみさんに一目置かれてたのが面白かったですが、最終的に朱里ちゃんに叩かれるまで行ってしまうとは驚きでした。

 (3) ホント淡白な智貴
紗弥加さんにも疑われてましたが、ホント智貴って淡白ですね。
女性関連についてはどんなふうに思っているのか、気になります。
まぁ、吉田さんのようなマイペースな接し方が積み重なっていき、気付いたらゴールしてた、みたいな感じになるのかなという印象です。
だって、見た限りじゃ智貴から積極的に女の子に接点を持とうとしてないし、他の女性陣は微妙に二の足を踏んでるような感じだし、そう考えれば吉田さんのような無自覚な突破力が一番重要な気がしてきます。

[3] おわりに
今回は、全体的に紗弥加さんのヤバさが目立った回でした。
とりあえず個人的には、今回も吉田さんが登場していたので、嬉しかったです。
といったところで、今回はここまでとします。
お読みいただき、ありがとうございます。

キン肉マン 第303話「オメガの落涙!!の巻」の感想

[1] はじめに
アリステラのΩハルマゲドンアベンジャーから脱出し、逆にアタル兄さんが技をかけるところから今回はスタート。
さて、どんな技が繰り出すのかと言ったところで、今回の感想を書いていきます。

[2] 印象に残ったこと
 (1) アタル版マッスル・スパーク
前回の時点で、新技が出ると思い込んでいたので、予想外でした。
いや、この試合でまだ出していなかったので、普通に考えたら出てもおかしくなかったですね。
とまぁ、それはともかくとして、今のアタル兄さんに繰り出せる「最大の慈悲の技」ってのがカッコいいし、何より説得力が抜群でした。
とはいえ、回転が加わっている分威力が凄そうで、正直「慈悲とは……」と少し思ってしまったのはここだけの話。

 (2) アリステラの涙
初登場時の敵キャラとしてのイメージから、回を重ねるにつれだんだんオメガに対する印象が良い方に変わって行き、この試合でアリステラの過去が明かされてからはとても応援したいと思うようにまでなっていました。
そのため、アリステラの涙はとても切なかったし、より一層感情移入してしまいました。
そして、やはりアリステラにもフルメタルジャケッツの気持ちが伝わっていたのは良かったです。
さらに、その気持ちを察しながらアリステラに寄り添っていたマリキータマンも素晴らしかったです。
ただ、「殉じてくれた」という言葉が使われているのが心配ですが、是非ともマリキータマン生存を祈るばかり。

 (3) オメガの希望
今回の決着により、アリステラも慈悲の心を認める決心がついたようで、そこは良かったなと思いました。
またここで、アタル兄さんがアリステラの純粋さを認め、さらなる可能性を示したところもたまらなくカッコよかったです。
そしてこのときのアリステラの顔つきが幼少期のようになっており、この瞬間アリステラが本来の自分に戻れたのだなと感じました。
そんなふうに思うと、今までずっと無理してたんだろうなと思わずにはいられませんし、そんなアリステラだからこそディクシアや六鎗客の仲間もついてきたのだろうなと思わされました。
こうして、失うものも多かったですが、これでやっとオメガを救う希望が見えてきたと思うので、それが上手くいくことを願うばかり。

[3] おわりに
今回でこの試合の決着が付きました。
正直、サタンが試合にどのような影響を及ぼすか気にはなっていましたが、試合自体は何事もなく出来て良かったと思います。
ただ、この直後どうなるのかが気になりますね。
サタンの本命部隊が登場してくるのか、やっとわかりあえたオメガに何らかの手を下すのかとか色々考えられます。
そんな感じで、次回が気になりつつ、今回はここまでにしておきます。
お読みいただき、ありがとうございます。

わたモテ 喪168「モテないし弟の部屋に集まる」の感想

[1] はじめに
今回は、朱里ちゃんたちが智貴の部屋に集まって宿題をやることに。
さて、どんな展開が待ち受けているのかというところで、今回の感想を書いていきたいと思います。

[2] 印象に残ったこと
 (1) どんどん辛辣になっていく朱里ちゃん
智貴と朱里ちゃんをくっつけようと頑張る紗弥加さんですが、その粗さにイラつきが加速し、心の中で厳しい言葉が出てくるようになる朱里ちゃん。
……最終的には「それわかってるの? わからないよね? 紗弥加バカだし」という心の声に。
いやまぁ、確かに紗弥加さんの粗さは実際に当事者からしたら迷惑感が強いだろうなとも思うので、朱里ちゃんがこんな反応になるのもわかりますね。
しかも、紗弥加さん的には真面目に考えてのことだというところも厳しいなと思わずにはいられません。

 (2) 猛毒扱いのこみさん
雨の中、智貴の部屋の様子を撮影するもこっちに笑いつつ「黒木の血が汚れる」という表現の酷さにさらに笑いました。
そして「毒を以って毒を制す」と、智貴の部屋に猛毒かもしれないこみさんの投入を決意するもこっち。
ツイスターに関して、もこっちとこみさんの発想が全く一緒なのがめちゃくちゃ面白いですし、やっぱりこの2人は似たもの同士なのだなと改めて思いました。
また、このときの伊藤さんの「私がいない所で……どん引きの予感……!!」が最高でしたね。
にしても、もこっちの母親の前でさりげなく点数稼ぎをしようとするこみさんは面白かったです。

 (3) 吉田さんが来た!!
もこっちの家に急ぐこみさんに気付き、声を掛ける吉田さんでしたが、バイクに乗せろと言われ、乗せてあげるやさしさがステキでした。
吉田さんからしたらよく知らないし、急に絡んできたよくわからんヤツであろうに……まぁ、もこっちの友人という認識ではあるのでしょうが。
そして、顔を洗いにきた智貴でしたが、なんと風呂上りの吉田さんに遭遇するというラブコメの王道的展開!!
順調にフラグを積み重ねて行っているし、やっぱ、将来的にこの2人がくっつくのかなと思ったりもしましたが、こみさんや朱里ちゃんのことを思うと切ない気持ちになってしまいます。
しかしながら、智貴の反応が淡白すぎる。
もっとこうないんかと思ってしまいます。

[3] おわりに
今回は、なかなかスパイスの効いた展開で全体的に面白かったです。
まぁ、個人的には吉田さんが登場しただけで満足度が高いのですけどね。
遂に、智貴がもこっちの弟だと知ることになる吉田さんですが、それをふまえてこれからどうなっていくのか目が離せないです。
といったところで、今回の感想はここまでにします。
お読みいただき、ありがとうございます。

キン肉マン 第302話「マリキータマンの胸が示すもの!!の巻」の感想

[1] はじめに
前回、フルメタルジャケッツがマリキータマンにツープラトンを仕掛けるところで終わりましたが、果たしてこれでマリキータマンを撃破できるのか、といったところで今回の感想を印象に残った3つを中心に書いていきたいと思います。

[2] 印象に残ったこと
 (1) マリキータマンにナパームコンビネゾンが炸裂
マリキータマンの胸が「A」と「B」のの文字に裂けていくという描写が若干シュールな雰囲気もありましたが、めちゃくちゃ恐ろしい技でしたね。
前回の段階で、普通にマットの上に着地するのだろうと勝手に思っていましたが、まさか鉄柱とは……
正直、完璧超人としてのシルバーマンのDNAの一端がここに現れているのではないかと思えなくもない厳しさでした。
ただ、これぐらいやらないとマリキータマンを倒せないのだろうなとも思わせられるので、やっぱり強敵だったんだなという印象でした。
そしてこのとき、アリステラがカットに入ろうとしたのが良かったですし、技をくらった直後のマリキータマンとのやりとりもたまらなかったです。
それにやっぱり、アリステラにとってもマリキータマンは親友という認識だったのだなと思うと、より切なさが増してきます。
それにしても、マリキータマンって気を失っているだけと思って良いんですよね!?
アリステラの反応的にマリキータマンが命を落としたかのような落ち込みぶりに見えるのですが……

 (2) ブロッケンJr.の活躍
マリキータマンの撃破と同時に戦線を離脱するのだろうなと思われていたブロッケンですが、やっぱりそうでしたね。
でも、果たした役割はとっても大きかったですね。
それに、ここ数回を見ていてブロッケンがこの試合になぜ選ばれたのかということがとても説得力のあるものだったんだなと改めて思いました。
こんなふうにとってもカッコいい活躍ぶりだったのですが……最後の「ゴロゴロ」からの「ガク」は正直「えぇ……」という感じでした。
ここだけは、もう少しどうにかならなかったものかと思ってしまいましたね。

(3) 大将同士の勝負
もう自分では止められないアリステラを倒すことで救うと覚悟を決めたアタル兄さんにしびれますね。
それに対して、あらゆる犠牲の上に立つアリステラの悲痛な叫びに胸が締め付けられる思いがします。
そうして、マリキータマンへの想いを乗せた最後の一撃とばかりにクソ力を発動しながらΩハルマゲドンアベンジャーを繰り出すアリステラ。
しかしこれを、完全な業火のクソ力によって外すアタル兄さんがカッコよかったです。
そしてラスト、おそらく新技の仕掛けで終わりましたが、どんな技が見られるのか楽しみですね。
きっとめちゃくちゃカッコいいのだろうなとワクワクが止まりませんね。

[3] おわりに
こうしてアタル兄さんが技を掛けるところで今回は終了しましたが、この試合も次回で決着になるのかなという感じですがどうでしょう。
でもサタンの動きも気になるところですし、変な横槍とか入らず綺麗に勝負が決まって欲しいと思います。
そして、オメガとわかりあえることを祈るばかりですね。
そんなふうに願いながら、今回はここまでにします。
お読みいただき、ありがとうございます。